産業用コネクタ技術特集
資料ダウンロード
各種お見積り・ご相談
お問い合せはこちら
産業用コネクタ
専門情報
TOP > 専門情報 > 信号系もパワー系も電送できるスリップリング~スリップリングの豆知識④~
信号系もパワー系も電送できるスリップリング~スリップリングの豆知識④~

信号系もパワー系も電送できるスリップリング~スリップリングの豆知識④~

スリップリングの進化

スリップリングは日進月歩の技術革新や材質の向上により、今ではケーブルとほぼ同じような信号系やパワー系の電流が流せるようになってきています(しかし、完全にケーブルと同等能力に達しているとはまだ言い切れませんが・・)。

 

これらのスリップリングにおいて、信号系であればCCリンク、デバイスネット、メカトロリンク、イーサーネット、プロフィーバス、プロフィーネット、高周波、熱電対、ロードセル等に対応できるまでになっています。パワー系であれば最大で数千アンペアクラスの通電が可能にまでなっています。他にも信号系とパワー系を組み合わせたものや、さらにロータリージョイントとの組み合わせも可能です。

用途にあったスリップリングの接点を選定する

日々進化を遂げているスリップリングですが、これらを使いこなすにはあることに注意しておく必要があります。それは信号系やパワー系といったそれぞれの特徴的な用途に合わせたスリップリングの接点(リング&ブラシ)を選定する必要があるということです。

 

例えばどのスリップリングにおいても信号系やパワー系にすべて万能に対応できるわけではなく、用途にあったスリップリングの接点を選定しなければスリップリングの本来の性能を最大限に引き出すことは出来ません。

 

 

産業用コネクタ.comではこれまで培ってきた経験やノウハウにより、用途に応じた最適なスリップリングの提案が可能です。お気軽にご相談ください。

>>お問い合わせはこちら

産業用コネクタに
関するお悩みを解決
045-474-9523
営業時間
9:00~17:00 ( 土日祝日のぞく )