産業用コネクタ技術特集
資料ダウンロード
各種お見積り・ご相談
お問い合せはこちら
産業用コネクタ
専門情報
TOP > 専門情報 > スリップリングの回転数~スリップリングの豆知識③~
スリップリングの回転数~スリップリングの豆知識③~

スリップリングの回転数~スリップリングの豆知識③~

スリップリングの回転数

スリップリングには様々な回転数に対応しているタイプがあります。
一般的には数百rpmといったところが平均的な回転数の値になります。
産業用コネクタ.comで取り扱っているスリップリングについては、ブラシ接点式で最高10,000rpm、水銀接点式で40,000rpmまで対応することが可能です。

長寿命にするために様々な工夫

高速回転スリップリングで問題となるのは寿命です。

高速回転対応のスリップリングは出来る限り長寿命にするために様々な工夫が施されています。例えば、液体接触方式の採用や高回転対応ブラシの採用などです。
この様なスリップリングは遠心分離機、タイヤ試験機、エンジン試験機、タービン試験機などで使用されています。

 

スリップリングに関するお問合せは下記よりお問合せ下さい。

>>お問い合わせはこちら

 

次回、「スリップリングの豆知識」のテーマは、信号系もパワー系も電送できるスリップリング です。

次回のスリップリングの豆知識もご期待下さい。

>>「信号系もパワー系も電送できるスリップリング~スリップリングの豆知識④~」はこちらから

産業用コネクタに
関するお悩みを解決
045-474-9523
営業時間
9:00~17:00 ( 土日祝日のぞく )