産業用コネクタ技術特集
資料ダウンロード
各種お見積り・ご相談
お問い合せはこちら
産業用コネクタ
専門情報
TOP > 専門情報 > スリップリングの接点方式~スリップリングの豆知識②~
スリップリングの接点方式~スリップリングの豆知識②~

スリップリングの接点方式~スリップリングの豆知識②~

スリップリングの豆知識、今回のテーマは「スリップリングの接点方式」についてであります。

 

>>「スリップリングの形状~スリップリングの豆知識①~」はこちら

2種類のスリップリング接点方式

スリップリングの接点方式は大きく二つに分類されます。

ブラシ接点方式

一つ目はブラシ接点方式です。

現状、多くのスリップリングに使用されているブラシはカーボンブラシタイプ、ワイヤータイプ、複数ワイヤータイプなどがあります。カーボンブラシタイプは大電流に適しており、メンテも可能で取り扱いやすい接点です。その反面、発塵するので定期的なメンテナンスが必要となります。ワイヤータイプは信号伝達、小スペース化にメリットがあり、カーボンブラシタイプと比べて長寿命であることが特長となります。

液体接点方式

二つ目は液体接点方式です。

現在、スリップリングに使用されている液体金属は水銀とガリウムがあります。

水銀のメリットは非常に電気的特性が良く低接触抵抗、長寿命であることです。デメリットとしてはRoHS指令などに準拠できていない点です。ガリウムは水銀に匹敵する電気的特性、寿命の能力がありますが、デメリットとしては最低使用温度が4~8℃と高い点であります。

下記の表は、産業用コネクタ.comを運営する株式会社ソルトンがスリップリングにおける特長を簡単にまとめたものになります。産業用コネクタ.comでは、それぞれの特長を生かしたスリップリングのご提案が可能です。例えばカーボンタイプ+ワイヤータイプのスリップリングの特殊仕様のご提案も可能です。

スリップリングに関するお問合せは下記よりお問合せ下さい。

>>お問い合わせはこちら

産業用コネクタに
関するお悩みを解決
045-474-9523
営業時間
9:00~17:00 ( 土日祝日のぞく )