産業用コネクタ技術特集
資料ダウンロード
各種お見積り・ご相談
お問い合せはこちら
産業用コネクタ
専門情報
TOP > 専門情報 > これまでの常識を覆す大電流コネクタ
これまでの常識を覆す大電流コネクタ

これまでの常識を覆す大電流コネクタ

大電流を通電させるコネクタは発電設備や工場はもちろんのこと、製鉄所などの大きなパワーを必要とする設備で数多く使用されています。ただ、大電流を通電させるコネクタを使用されている現場ではコネクタの着脱作業が大変といったお悩みや不満をよくお聞きします。

 

そこで、今回はこれまでの常識を覆す、通電容量と作業性を両立させた大電流コネクタについて実際の採用事例とともにご紹介させて頂きます。

大電流コネクタとは

大電流と聞いて、みなさんは定格電流の値が何A以上のものが大電流であるという印象をお持ちでしょうか。100A以上とイメージされる方もいらっしゃれば、500A以上、いや1,000A以上だろうと様々な印象があるかと思います。これは普段から皆さんが携わっておられる設備や装置、お仕事の内容によりその印象も変わってきます。こちらで取り上げる大電流コネクタとは、一般的な汎用コネクタと比べ、最小の接地面積で最大の電流を流すことができる高効率なコネクタであることを意味します。

大電流コネクタを使用している方のよくあるお悩み

大電流の通電箇所を切り離したり、接続したりする作業が必要なところである程度の着脱頻度が発生すれば、そこにコネクタを採用することにより作業性の向上が見込まれます。ただし、コネクタを選定する際に気を付けなければならないのは、あらかじめ定格電流値や使用電圧といった電気的な仕様を事前に把握することが必要です。その際、定格電流の値が高ければ高いほど、コネクタを嵌合した際の接地面積をより広く確保する必要があります。十分な接地面積を確保できない場合、通電不良、焼き付きによりコネクタが抜けない、異常発熱からの発火等の不具合が発生する懸念があるため、十分に気を付ける必要があります。よって、大電流を通電させるコネクタとなると、必然的に寸法が大きくなり重量も重たくなってしまいます。このようなことから、大電流の通電箇所でのコネクタの着脱は操作がしにくいといった現場での不満やお悩みは常につきものでありました。

産業用コネクタ.comが扱っている大電流コネクタの特長

そこで、これまでのコネクタの常識を覆す大電流コネクタをご紹介させて頂きます。それは独自の特殊形状のスプリング特性のある帯状の接触子を多面接触させることにより、一般的な汎用コネクタよりも小型で大電流を通電させることができるコネクタです。接触抵抗が非常に小さいため温度上昇を抑えることができ、短絡電流にも非常に強く、数10万Aレベルの超大電流の接続や、摺動・回転といった可動状態で通電させるところにも使用可能といった特長があります。

例えば、ある現場で定格800Aを通電させるコネクタが必要となった場合、一般的な汎用コネクタではほぼ特注での製作となる場合が多く通電容量を確保するために接地面積も広く取る必要があり必然的に寸法が大きくなり、重量も重たくなってしいます。ところが、産業用コネクタ.comが取り扱っている大電流コネクタでは、定格6,000Aまでの標準ラインナップの中からの選定が可能で、さらに独自の画期的な多面接触方式の採用により一般的な汎用コネクタよりも小型軽量化を実現します。小型軽量化により作業性も向上し、作業者自身の安全性向上にも大きく貢献しています。

 

>>産業用コネクタ.comが取り扱っている大電流コネクタカタログはこちら

大電流コネクタの採用事例①高温多湿の劣悪な環境下の大電流供給でも通電不良を起こさない大電流コネクタの導入で、生産性が向上した事例

こちらでは、産業用コネクタ.comを運用するソルトンの大電流コネクタを実際に導入し、生産性が向上した事例をご紹介します。ある工場では、電箇所のコネクタ化について、様々なコネクタを試していました。しかし、過酷な使用環境(温度80℃以上、湿度70~80%)で大電流(700~1000A)を通電させることから、一般的なコネクタでは焼き付けによる通電不良が起こってしまい、困っていました。そこで、大電流コネクタを採用。過酷な使用環境での大電流通電時の通電不良は全く発生することがなくなりました。また、大電流コネクタの特殊なバネ接点により従来の一般的なコネクタより大幅に小型、軽量化することに成功。現場での作業者の腰痛等の負担軽減や誤接続といった作業ミスの低減にもつながりました。

 

>>事例の詳細はこちら

大電流コネクタの採用事例②省スペースで大電流の通電が可能になった事例

こちらでは、ソルトンの大電流コネクタを実際に導入し、省スペースで大電流の通電が可能になった事例をご紹介します。ある変電所では、大電流コネクタのテクノロジーが採用されるまでは、通電時の発熱や短絡電流に対する安全性から接点箇所の面積を大きく広げる必要がありました。
大電流コネクタのテクノロジーを採用することにより、多面接触接点により接触抵抗が非常に小さくなり温度上昇を抑えることができるようになりました。また、短絡電流にも強く、省スペースで大電流の通電も可能です。さらに、摺動接続・回転接続といった可動状態にも対応しており、今では遮断器、開閉器と母線との接続箇所でなくてはならないものとなりました。

 

>>事例の詳細はこちら

大電流コネクタのことなら産業用コネクタ.comにお任せ下さい!

今回は、大電流コネクタについてご紹介しました。
産業用コネクタ.comを運営するソルトンでは、海外と国内の技術と実績のあるコネクタの専門メーカーと密接な協業体制を築いています。そうした協業体制を基に、製品の仕入れから販売、販売後のサポートまで手厚く行うことで、自動車業界、半導体業界、宇宙業界まで幅広くのお客様と取引をおこなっています。

「タクトタイムを短縮したい」、「作業者の安全を向上したい」といったご要望がありましたら、産業用コネクタ.comまでお気軽にご相談ください。

 

>>活用事例はこちら
>>お問い合わせはこちら

産業用コネクタに
関するお悩みを解決
045-474-9523
営業時間
9:00~17:00 ( 土日祝日のぞく )