産業用コネクタ技術特集
資料ダウンロード
各種お見積り・ご相談
お問い合せはこちら
産業用コネクタ
活用事例・ノウハウ
TOP > 活用事例・ノウハウ > 変電所の大電流でも安定した接続を保てるテクノロジー
電気設備 通電効率を上げたい
変電所の大電流でも安定した接続を保てるテクノロジー

変電所の大電流でも安定した接続を保てるテクノロジー

電力会社の発電所から工場や一般住宅に安定した電気を供給するため、変電所で電圧を下げていきます。その変電所では変圧器、遮断器、開閉器等の重電設備が設置されています。
それらの設備と母線との接続箇所に大電流コネクタのテクノロジーを長年にわたり採用しています。

変電所の数千Aの大電流に耐えられるコネクタ

電力会社の発電所から工場や一般住宅に安定した電気を供給するため、変電所で電圧を下げていきます。その変電所では変圧器、遮断器、開閉器等の重電設備が設置されています。
それらの設備と母線との接続箇所に大電流コネクタのテクノロジーを長年にわたり採用しています。

電気の安定供給になくてはならないテクノロジー

大電流コネクタのテクノロジーが採用されるまでは、通電時の発熱や短絡電流に対する安全性から接点箇所の面積を大きく広げる必要がありました。

大電流コネクタのテクノロジーを採用することにより、多面接触接点により接触抵抗が非常に小さくなり温度上昇を抑えることができるようになりました。また、短絡電流にも強く、省スペースで大電流の通電も可能です。さらに、摺動接続・回転接続といった可動状態にも対応しており、今では遮断器、開閉器と母線との接続箇所でなくてはならないものとなりました。

産業用コネクタに
関するお悩みを解決
045-474-9523
営業時間
9:00~17:00 ( 土日祝日のぞく )