産業用コネクタ技術特集
資料ダウンロード
各種お見積り・ご相談
お問い合せはこちら
産業用コネクタ
専門情報
TOP > 専門情報 > 【動画でわかる!】ヘルールクランプの着脱をワンタッチ化する方法
【動画でわかる!】ヘルールクランプの着脱をワンタッチ化する方法

【動画でわかる!】ヘルールクランプの着脱をワンタッチ化する方法

ヘルールクランプとは、組み付け・分解が可能でかつ洗浄できる配管継手のことをいいます。主に医薬、化粧品、食品関連などをはじめとする、衛生的な環境を求められる工場内の配管接続箇所で多く使用されています。しかし、ヘルールクランプの接続作業には時間がかかったり、管理が大変だったりということがよくあります。

 

そこで、今回は作業性と安定性が向上するヘルールクランプの着脱をワンタッチ化する方法を実際の事例とともにご紹介します。

ヘルールクランプとは

ヘルールクランプとは、組み付け・分解が可能でかつ洗浄できる配管継手のことをいいます。主に医薬、化粧品、食品関連などをはじめとする、衛生的な環境を求められる工場内の配管接続箇所で多く使用されています。

ヘルールクランプの一般的な締め方

ヘルールクランプを接続する際の組み付け方法としては、ヘルールクランプの接続面にそれぞれ溝があり、その溝にガスケットを挟み合わせてから、クランプバンドで締め付けて固定させます。熟練作業者であれば配管径や配管設置場所にもよりますが、およそ1作業あたり30秒程度でヘルールクランプの接続作業が完了します。

 

ただし、作業の際にはガスケットやクランプバンド等の部品を落下させないように気を配る必要があります。また、クランプバンドの締め付けの強さによってもガスケットがはみ出し異物混入の原因になることもあるので、締め付けトルクもしっかり管理する必要があります。

ヘルールクランプの着脱をワンタッチ化する方法

そこで、ソルトンのヘルール接続用のワンタッチカップリングをご紹介させて頂きます。このヘルール接続用のワンタッチカップリングは、ヘルールクランプの着脱をワンタッチ化でき、ガスケットやクランプバンド等の組み付け用の部品も不要なので、部品が落下するという懸念もなくなります。また締め付けトルクを管理するという煩わしさからも解放されます。

 

さらに、このヘルール接続用のワンタッチカップリングは作業者を選びません。熟練作業者でなくても、同等の気密性を担保しながらワンタッチで作業をすることができます。

 

▼ワンタッチカップリングを動画で見る!▼

食品工場でヘルール接続箇所をワンタッチ化し、作業性と安全性を向上させた事例

こちらでは、実際にソルトンのワンタッチカップリングを導入し、ヘルール接続箇所をワンタッチ化した事例をご紹介します。ある関東の食品工場では、コーヒー抽出回路の配管接続箇所でヘルールクランプを使用していました。ヘルールクランプの着脱頻度は1日に1~2回程度でしたが、ヘルールクランプそのものの着脱に時間がかかっていたのに加え、ヘルールクランプの着脱箇所が高所であったたため、着脱作業に時間を非常に要していました。

 

そこで、ヘルール接続箇所をワンタッチ接続化できるソルトンのワンタッチカップリングを導入し、着脱作業時間を大幅に短縮することができ、作業もより安全に行うことができるようになりました。

詳しくはこちら>>

ヘルールクランプの着脱をワンタッチ化させるなら産業用コネクタ.comにお任せ下さい!

今回は、ヘルールクランプの着脱をワンタッチ化する方法をご紹介しました。

産業用コネクタ.comを運営するソルトンでは、海外と国内の技術と実績のあるコネクタの専門メーカーと密接な協業体制を築いています。そうした協業体制を基に、製品の仕入れから販売、販売後のサポートまで手厚く行うことで、自動車業界、半導体業界、宇宙業界まで幅広くのお客様と取引をおこなっています。

 

「タクトタイムを短縮したい」、「作業者の安全を向上したい」といったご要望がありましたら、産業用コネクタ.comまでお気軽にご相談ください。

 

活用事例はこちら>>

お問い合わせはこちら>>

産業用コネクタに
関するお悩みを解決
045-474-9523
営業時間
9:00~17:00 ( 土日祝日のぞく )