産業用コネクタ技術特集
資料ダウンロード
各種お見積り・ご相談
お問い合せはこちら
産業用コネクタ
専門情報
TOP > 専門情報 > マルチカップリングの導入メリットと実際の採用事例
マルチカップリングの導入メリットと実際の採用事例

マルチカップリングの導入メリットと実際の採用事例

マルチカップリングとは、水・油・エア・電気、データ通信等を一括着脱できるカップリングです。昨今の工場の自動化・省人化ニーズの増加により、このマルチカップリングの導入事例が増えています。

そこで、今回はマルチカップリングの導入メリットと実際の採用事例についてご紹介します。

マルチカップリングとは

マルチカップリングとは、水・油・エア・電気、データ通信等を一括着脱できる生産性の合理化・省力化を実現するアイテムです。このマルチカップリングには2つの種類があり、作業者が手動で着脱する手動マルチカップリングとシリンダー等の駆動源を利用し自動で着脱させるマルチカップリングシステムがあります。どちらのタイプも複数の配管や配線を一括着脱させることにより、作業時間の短縮や誤接続を防ぐことができます。

マルチカップリングを導入するメリット

マルチカップリングを導入することにより、作業時間の短縮、誤接続の防止、スペースの有効活用等のメリットにより生産性向上が見込まれます。そのことから特にここ最近の工場の省人化、自動化による生産性の合理化の需要拡大に伴い、手動マルチカップリングや自動着脱に対応したマルチカップリングシステムの採用が増えています。

マルチカップリングの採用事例①:射出成形機の金型交換時のミスを減らし、タクトタイムを短縮した事例

こちらでは、射出成形機の金型交換時のミスを減らし、タクトタイムを短縮した事例をご紹介します。

 

こちらの工場では、射出成形機の金型へ冷却水を送るホースと金型から循環して返ってきた冷却水を回収するホースの2種類が計20本あり、カップリングの着脱を、1本1本手作業で接続していました。タクトタイムを厳しく管理し、作業員も急いで作業しているため、どうしても作業ミスが起こって損失が出ていました。また、慣れていない作業員に交代してしまうとミスが多くなることもあり困っていました。

 

そこで、金型交換時のミスを減らすためにマルチカップリングを導入。20本すべてをレバーで1度に着脱できるようにしました。作業に慣れていない作業員でもミスすることはなくなり、タクトタイムを大幅に短縮することができました。

 

>>事例の詳細はこちら

マルチカップリングの採用事例②:海外の標準品を導入してコストダウンを実現した事例

こちらでは、ある自動車メーカーのエンジン開発部門でマルチカップリングを導入した事例をご紹介します。

 

こちらのエンジン開発部門では、エンジンテストベンチに手動で操作するマルチカップリングの導入が既に社内で決まっていました。しかし、国内製造のマルチカップリングでは圧力耐性が要求仕様に応えることができず、要求仕様に耐えうる特注品のマルチカップリングを製作するしか方法がありませんでした。

 

そこで、産業用コネクタ.comを運営するソルトンに相談し、要求仕様に応えられるマルチカップリングが海外メーカーで標準ラインナップにあり、同要求仕様での採用実績も多数ありと提案を受け、導入を決定。最初に検討した国産のマルチカップリングとは異なり、ソルトンが扱っているマルチカップリングでは使用する電気コネクタや流体カップリングといった各部品についても外部からの購入品ではなく、すべて自社製なので、万一のトラブルでもワンストップで対応してもらえるので安心して導入することができました。

 

>>事例の詳細はこちら

マルチカップリングのことなら産業用コネクタ.comにお任せ下さい!

今回は、マルチカップリングについてご紹介しました。

 

産業用コネクタ.comを運営するソルトンでは、海外と国内の技術と実績のあるコネクタの専門メーカーと密接な協業体制を築いています。そうした協業体制を基に、製品の仕入れから販売、販売後のサポートまで手厚く行うことで、自動車業界、半導体業界、宇宙業界まで幅広くのお客様と取引をおこなっています。

 

「タクトタイムを短縮したい」、「誤接続を防止したい」といったご要望がありましたら、産業用コネクタ.comまでお気軽にご相談ください。

 

>>活用事例はこちら

>>お問い合わせはこちら

産業用コネクタに
関するお悩みを解決
045-474-9523
営業時間
9:00~17:00 ( 土日祝日のぞく )