産業用コネクタ技術特集
資料ダウンロード
各種お見積り・ご相談
お問い合せはこちら
産業用スイッチ
専門情報
TOP > 産業用スイッチ > 専門情報 > コンタクトユニット不要、パネル背面寸法最薄9mmの短胴型スイッチとは
コンタクトユニット不要、パネル背面寸法最薄9mmの短胴型スイッチとは

コンタクトユニット不要、パネル背面寸法最薄9mmの短胴型スイッチとは

様々な特長のあるシュレーゲル社の操作スイッチですが、今回のコラムはその特長的なサイズについてご紹介いたします。

超短胴化の押しボタン・非常停止スイッチ

FA機器や工作機械、半導体製造装置など、現代の装置は小型化やスリム化の方向に向かっており、それに伴いスイッチにも短胴型・小型が求められるケースが非常に多くなっています。せっかくスリムなタッチパネルや小型の機器を開発してもスイッチが大きくその分のスペースを確保しなければならないのであれば本末転倒です。

 

シュレーゲル社はそのような市場の数多くのお困り事を彼らの標準ラインナップのスイッチで解決してきました。パネル背面寸法9mm(基板実装用)を実現し、ケーブル接続でも1.8mmという超短胴化の押しボタン・非常停止スイッチを標準品で豊富に取り揃えています。 またパネルを薄くするだけではなく、同社のスイッチは前回の専門情報(コラム)でもご紹介させて頂いている通り、どれもデザイン性にも優れているので、装置の高級感を演出することも同時に可能にします。

 

また接点機能はスイッチ本体に内蔵しておりコンタクトユニットを必要としないため、省スペース設計の要求にふさわしい照光式押しボタンスイッチや非常停止スイッチであります。 これらは最大IP69Kと防水性にも優れており、堅牢な構造と幅広い温度範囲で悪環境でも安心の動作を保証します。

 

◆パネル取り付け穴寸法:φ16,φ22,φ30
◆防水:IP65/IP67/IP69K
◆動作温度範囲:-25~+70℃
◆規格認証:EN 60947-5-1,61058-1

メルマガ購読者2万名!!購読登録はこちら
産業用コネクタ&コンポーネントのお悩みを解決
045-474-9523
営業時間
9:00~17:30 ( 土日祝日のぞく )